無料
エロ
動画

誰か、○○○しましょ?

○○友達募集中

友達の彼女(10)

協議の結果、Kさんがベッドを降り、ヒナチンが広げた脚の間に床に座ってすることになった。
「口、入りきらないよ、ヨウくんの・・・」
そう宣言されても、やめてもらうわけにはいきません。
「すごい近くでみると、ほんとに全然違う」
「そんなに?」
「うん、Jのこれくらいだから」
と示したのがKさん自身の小指。
6cmはないです。
この頃のヒナチンのと比べても半分以下です・・・。
「じゃぁ、するね」
Kさんが近づき、オチン君の先端にキスをした、そして裏筋の辺りをペロンと舐めた。
体がビクッとなるヒナチン、まともなフェラはこれが初めてです。
「大丈夫?痛かった?」
「大丈夫、すごく気持ち良いだけだから」
Kさんは笑顔になり、続けて亀頭周辺をペロペロと舐め、一回りするとオチン君の上に来て、少し口を開けた。
そして首をかしげて、もう少し大きめに口を開け、オチン君を口に入れていく
今度は痛みが。
「ちょっと痛い」
「ごめんね、歯が当たっちゃった大きいんだもん」
再び、今度は、十分に口を開いてパクリ。
カリ下までが歯より奥へ入っている、Kさんは口の中を窄めていくと、もむもむと口を動かし始めた。
ヒナチンは初めて、1人エッチでは得られない人がするもどかしさと、快感を知りました。
「マイちゃん、もっと、奥まで入れて戻してを繰り返して・・・」
Kさんは少し考えた風だが、オチン君を深く口に入れ、そして引き抜く動き。
ディープスロートをたどたどしくだが始めてくれた。
J君には悪いですが、J君のオチン君では知らないKさんの口の奥まで。
「ん!」
何度か繰り返したところでKさんは、動きを止めて、オチン君を口から出した。
ちょっと咳き込む。
「奥まで入れすぎちゃった」
「こんなに気持ちいいんだ・・・」
「Nちゃんにしてもらったらもっと気持ちいいんじゃない」
「今、Tさん関係ないじゃん」
「そうだよね・・・」
Kさんは両手でオチン君を握った。
「見て、すごい、両手でも隠れきらないよ」
お腹にグッと手を押し付け、ほんとに数ミリ先っちょが出てるかなって程度です。そこにチュ、チュっとキスをする。
「すごいね、Jとだったらもう何回分くらいの時間かな」
「俺も、もう相当マズイんだけど、口に出していいの?」
「いいけど、終わった後、まだ出来るの?」
「回数は、大丈夫、1日3回はするから、5回とかもよくあるし」
「そんなに?J、口で終わっちゃったら、エッチまで続けるの3〜4回に1回だよ」
「それも、人によるよ、俺はやりすぎ」
クスッと笑ってKさんは、オチン君を舐め始める。
「マイちゃん、そういえば、ゴム、あるの?」
刺激に耐えながら聞くと、Kさんは止める。
「Jいつも使わない」
というか、付けられるのかな?小指サイズって。
「ヨウくんもそれでいいよ」
と言って、オチン君をチュパチュパと口に入れ始める。
「それでって・・・ぁう」
フェラの魔力は、いいならいいや、と悪い考えに負けていく。
J君は、オチン君を入れると、腰を押し付けたまま腰を振るのでは無く震わせるのだという、つまりピストンをするとすぐに抜けてしまう為だと思われる。
そして、イク時は突然で終わるまで腰を震わせ続け離れない。
つまり、常に生で中だしなのだ。
今までよく大丈夫だったなと、思いましたが、ヒナチンも結局、その甘い流れに乗ってしまう日々になっていくのですが、いま考えるとゾッとしますね。

「あ、マイちゃん、出る・・・ッ!」
再び始めて5分ほど、夢中なKさんは、知るよしも無いヒナチンの射精のツボの様な個所を刺激してしまった。
Kさんの口の中に溢れるヒナチンの精子。
目を潤ませ苦しそうにしながらも、受け止めてくれてるKさん。
もう少しで、出切るという所で、Kさんはゴクンというどうさをした。
オチン君に強い刺激があり、ヒナチンはグッと身を縮めた。
少しオチン君を吸うような動きをしたKさんが口を放した。
Kさんは口に残った精子を飲むと、口を濯いでくると部屋を出て、戻って来ると
濡れたティッシュを持ってきてオチン君を拭いてくれた。
前に市販のウエットティッシュでJ君のを拭いたところ、沁みて痛がった経験があるのだそうだ。

拭いている内に復活してしまったオチン君を触らせながら、今度はヒナチンの番。キスをしながら胸を揉み、胸を愛撫しながら、マンちゃんを触る。
熱く、ヌルヌルしている。
Kさんは身体をビクつかせながら、気持ち良いと繰り返す。
「そろそろ、マイちゃんのマンちゃん、見せて、舐めるよ」
「ええ!?いいよ、Jもしないし、生理始まるから・・・」
「J君がしない事、しちゃダメ?俺、したいな上手く出来るかわからないけど、マイちゃんにもっと気持ちよくなって欲しいな」


友達の彼女(9)

バスタオルを2枚持ったkさんと手を繋ぎお風呂場へ
kさんがバスタオルを用意している間にヒナチンのオチン君は半立ち位におさまり、ジャージを突っ張る事はなくなっていた。kさんはそれにちょっとがっかりしたようだが、まぁ、刺激の少ない時には休んでいないとね。
脱衣場に着いて、早速kさんのジャージなどを脱がせようとすると、それだけは後を向いて別々にしようと、強くお願いされたので、そうする事に。
いっせーの、で脱ぎ初めて準備が出来たほうから声を掛ける。
ヒナチンはすぐに脱ぎオチン君を解放する、半立ちが少し強くなった位なので
少しシコシコと擦り完立ちに近い状態まで、そこで射精感がきてしまったので中断、少し下腹に力を入れて耐え、射精感が収まるのを待つと、オチン君は自然と少し縮んで落ち着く。

触られたらマズイかも、と不安に思いながらも、ヒナチンが先に声を掛けた。

いっせーの、で向き合う、kさんは左腕を体の前に伸ばしてアソコを隠し、おまけに右腕で胸まで隠して、目はヒナチンの顔をまっすぐ見て恥ずかしそうに潤んでいる。
ヒナチンはもう堂々と、どこかに、J君よりは大きいしと言う気持ちはあったので気持ちに余裕はあった。
kさんの腕のガードはすぐに退けられた。
「わたしちょっと毛深いから・・・」
「大丈夫大丈夫、人それぞれ」
少し近づいてキスをするとオチン君がkさんの下腹辺りを突付く。
「ぁん」
小さな声を上げるkさん、J君の当たり方とは違う事に気付いてはいるのだろうけどね。
「もう、見てみる?」
kさんのお腹にオチン君を当てたまま聞いてみると、kさんは頷く。
そして少し後へ下がり、しゃがみ込んだ。

反応は無い。
kさんをみるとじっとオチン君を見つめている。
やがて何度か目をぱちくりさせて、両手で口、鼻まで覆い目を大きく見開いた
「なにこれ!?」
声を出さずに大声、というのだろうか、交互にオチン君と顔を目が忙しく動く
「なにって、J君にも似たようなのあるでしょう」
ヒナチンはオチン君に力をいれる、まだ完立ちではないので膨らみしろはのこっているので、ググッと少し伸び、膨らむ。
更に大きさを増したオチン君を前にkさんは首を激しく横に振る。
「違う、全然Jのと違う、すごい大きいよ!?」
驚いた声も、やっぱり声を出さない大声、あくまでもJ君と比べての事、でも他を知らないkさんの驚きに、オチン君は最後のひと伸びをして完立ちになった。
「まだ大きくなるの?」
「これで、限界、もうならない」
限界まで立った痛みが射精感を抑えている。
「大きいよ・・・」
「まぁ、J君よりはね」
苦笑いをして、J君のオチン君事情や、ヒナチンのオチン君も大きい訳では無いことをヒナチンが知ってる限りの同級生や先輩の巨根ぶりを交えて話した。
「Jのやっぱり・・・」
うすうすは気付いていた様です。が、それは、ヒナチンと初めてキスをした時に思い始めたのだという。
「J君にいっちゃだめだよ」
「言えないよ」
kさんは立ち上がり、ヒナチンの手を引いてお風呂場へ。
シャワーを出し始め、ボディーソープ泡立てるkさん。
「手で、洗いっこしよ」
驚くkさんだが、すぐに承諾する。
アワアワを、お互い身体に塗り始める。
感じ出すのはkさんばかりではない、ヒナチンも気持ち良くてたまらない。
抱き合い背中やお尻を洗いながらキス。
「ヨウくんのぉちんちん、すごく硬くて熱いね」
虚ろな感じなkさんがうわ言の様に言った。
オチン君はいまkさんと自分のお腹に挟まれている状態だ、kさんや自分が動く度に言い知れぬ快感、1人エッチでは味わった事のない気持ち良さ。
kさんの股間に手を滑り込ませマンちゃんに触れる。
熱い吐息がこぼれる。
「マイちゃんも、俺の」
腰を引き、手を導い握らせる。
亀頭に回ったkさんの指がマズイ・・・。
「そのまま、擦って」
kさんの手が動き、ヒナチンの手も動く、途端に2人して固まる。
「マイちゃん、気持ち良すぎてだめだ」
「わたしも・・・」
いったん放し離れ、自分たちで洗う事になった。

部屋に戻ると、二人はすぐにバスタオルを取りベッドに腰掛けた。
ヒナチンのオチン君は落ち着いて小さくなっている。
「なんだか、これでもJより大きいみたい」
「気にしない気にしない、触って大きくしてくれる?」
kさんの手を導き、握らせる。
「痛くない?」
もみもみとされるだけでkさんの小さな手の中でグングン大きさと硬さが増していく。みるみる内にkさんの手をはみ出していくオチン君。
「すごいよ、持ちきれなくなってきたよ」
そんな反応はオチン君の力になる。
グングングンと、瞬く間に完立ちに。
「J君のもいつもそんな風に触ってるんだ」
「Jのこんなに触ってたらもう終わってるよ」
「フェラするでしょ」
「う、ぅん、舐めて、口に入れて動かし始めると、すぐに止めてっていうか、終わっちゃうか・・・」
「口に出したの、飲むの?」
「うん・・・」
「俺のは、飲んでくれる?それとも彼氏のだけ?」
「ぃぃよ、でもヨウくんのいっぱい出そう」
「量は変わらないと思うよ」
Kさんの胸を揉み始め、マンちゃんと言うより毛の奥のワレメに触ってみた。
Kさんも止めていた手を動か始める。
「フェラ、してくれる?」
Kさんが頷いた。



 | HOME | 

Calendar

04 | 2008-05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Appendix

ひなちん

ひなちん

DTIブログにようこそ!
ITGCnttype="Image=105


利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

close